LAVAの退会・解約手続きをしたよ。引き止めもなくスムーズに終了。

これからLAVAに通おうか悩んでいる方の中には、

「辞めたい時に引き止めがしつこくて辞めづらかったらどうしよう。」

と思う方もいるかもしれませんね。

私も仕事が忙しくなってきたので、定期的に通い続けるのが難しくなり、先日解約手続きをしました。

その時の様子をまとめたので、解約方法を知りたい方の参考になればと思います。

LAVAの解約方法

解約希望月前月の15日までに、登録したメイン店舗で手続きが必要です。(15日が登録店舗の定休日と重なる場合は前日の14日まで)

私は4月から解約希望だったので、3月15日までに手続きしました。

15日を過ぎると、自動的に月額プランが継続されてしまいます。

店側から更新について声掛けされることはありません。

解約希望月が決まっているなら、忘れないように覚えておきましょう!

手続きには、

  • 「会員証」と「マンスリー証」が必要。(印鑑不要)
  • 電話や代理人による解約はできません。

なので、レッスンに行ったついでに手続きするのがいいでしょう

私もレッスンの終了後にしました。

解約手続きをしてみた

解約時の一番の心配はここですよね。

私も「引き止められるかな~」と思ってたら、全く心配無用。解約手続きは5分ほどで終了しました。

レッスン終了後、ロッカーの鍵を返すついでに、「4月から解約したいんですけど・・・」と伝えると、

「わかりました~」

とサラっと笑顔で対応してくれました。

一応程、解約の理由を聞かれたり、一番安い月1のプランを提案されましたが、継続の意志がないことをはっきり言うと、それ以上深入りせずあっさり手続きに入ってくれました。

  1. スタッフがPCで書類作成
  2. 書類を確認して署名する

これだけでした(*‘ω‘ *)

解約時の手数料は無料です。

最後に、同じ内容の控えを渡されましたよ。

(※左下の変更前定価は、キャンペーン適用前の価格で、実際の費用と異なります。)

解約後の注意点

いつまで通えるの?

解約しても契約月の末日まではこれまで通りマンスリーメンバーとして通うことができます。

再開したい時はどうするの?

もし今後「またLAVAに通いたい!」と思った時はどんな手続きが必要になるのでしょうか。

LAVAは永久会員制なので、今後再開する時に以前の会員証が使えるので、再度の入会金は不要です。

つまり、解約手続きでは「マンスリープランを退会しただけ」ということなんです。

今後再開するのが、

単発レッスンなら、その都度3100円~3500円必要なだけですが、

マンスリー会員として再開するなら、再登録金として5,000円(税込)と、初月2ヶ月分の料金が必要になります。

以前と別の店舗でも登録はできるので、引っ越しなどで最寄りの店舗が変わっても、元の会員証のまま再開できます。

休会との違い

LAVAには休会制度もあります。

両者の違いを一言でいうと、

解約はしばらく通う予定がない

休会は、復活する予定がある

休会中は事務手数料として、毎月2,100円の費用が発生します。

これを解約してからの、マンスリー会員の再登録料5000円と比較すると、

2か月以内に再開するなら休会

3か月以上再開しないなら解約

がお得ということですね。

まとめ

いかがでしょうか。

解約の流れについてイメージできましたか?

新しいことを始める時って、同時に終わる時のことも頭をよぎりますよね。

もしあなたがこれからLAVAを始めようか検討中なら、私の体験談が今後のお役に立てれば幸いです。

 

★日本最大級!ホットヨガスタジオLAVA★



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。